FC2ブログ

めばちこ

あ~ ホントに冴えない。鼻は詰まって垂れるし、めばちこ(麦粒腫)まで出来てしまった。
めばちこなんて高校生の時以来じゃないか。

コレは もう彼の出番かと高木(仮名)の店に向う。
高木は 神鉄 岡場駅近くでお洒落なサロンをやっている。

なぜ めばちこでサロンなんだ?眼科じゃないのか?と思うだろうが、それなりの理由はあるのである。

めばちこなんてものは 基本的に常に皮膚にいる 黄色ブドウ球菌 に感染して起こる症状なのだ。
瞼の環境が悪くなっているから、普段なら平気な(というか、有益)細菌で炎症が起きるのだ。
という事は、顔面の環境を整えてやれば良いだけの事。

超精密機械と言える眼球に 抗生物質 なんて怖いものを入れるのは出来れば極力避けたいので、ナチュラルな方法で改善をしようという考えなのだ。

顔面(頭部)を管理している神経は 脳幹といわれる部分から伸びているので、そこの雰囲気を良くしてやれば良いのである。

当たり前の話だが 頭は肩の上にのっている。頚は頭と胴体の連絡橋のようなものだ。
ここが硬くなると血液の流れが悪くなる。
上部胸椎が頭部の血流の管理をしているので、肩を含めた頚のコリは、頭が呆ける最大の原因なのだ。

なので 忙しくしている処、無理を言って高木に施術してもらう。
「えらいコッテルな~」と言いながら首筋をモミモミしてくれるが 何時にも増してやたらと痛い。
おかしい、横で仕事してる奴の女房のお客はリラックスしてるじゃぁないか。
コイツ俺だからワザと痛くしてるんじゃないか?そうだ、絶対そうに違い無い。
おぼえてろよ、高木。今度うちに来たら、折れる位 頚をボキッてやるからな・・
いいように1時間ばかり高木にもてあそばれるが、我慢のかいあって終了した時点でかなり瞼が軽い。

そして今朝目覚めたら、ほとんど腫れは無くなっていた。高木 Good Job




人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



惜しい・・

また、長い間 更新をサボってしまった。
この所、非常にテンションが下がってしまって、頭が廻らず、文章を書く気が起こらないのですよ。スミマセン・・

その理由は、また今度 詳しく紹介するとして、今晩 放送された「たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学」は面白かったので、その話を。

今回の内容は、つまづきの原因は頚椎の異常なんだよという事だった。
ご覧になって無い方は上のオレンジの部分をクリックして頂きたい。

うん、かなり面白いというか、かなり分厚いチップという所だ。
頚椎障害を起こすと手の感覚が無くなるので、重症になると火傷してても気付かない事が起こる可能性はある。ソコまでの重症になると、障害部位から下位で様々な異常が起こるだろう。

でもね、基本的に、頚椎障害が起こる人は、まず先に、腰椎で異常が起こってる場合が圧倒的に多いのですよ。
歩行時につまずくのは、下部腰椎に異常が起こって、爪先が上がらなくなって けつまづくんですよね。
歩行というのは、連続した左右の下肢の協調運動で成り立っていて、脊髄反射(脳では無く、背骨の中で処理されている)で制御されている。
前に送り出された足の爪先は自動的に天を向くように仕組まれていて、多少の段差ならクリアするようになっている。
つまづく人は、下部腰椎の障害が起こっていて、つま先が上がらなくなっている。
そういう人は、歩くとスリッパが自然と脱げてしまうので、自分でもすぐに判る筈だ。

下部腰椎で異常が起きると、脊椎全体で動きのバランスが崩れる。
前傾姿勢で前加重になっている上に爪先が上がらなくなっているから、つまづくと必然的に転倒する破目になる。

動きの無くなる場所が出来ると、それを補う為に動き過ぎる場所が出来る。
起立時の前後バランスが狂う事によって、姿勢を保つ為に何処かにシワ寄せが起こる。
ソレよりナニより、前屈みになると、前を見る為に、嫌でも頚を深く反らなければならない。
だから頚椎の4番辺りにストレスが集中するのである。

番組中では、植木仕事での見上げ姿勢が悪いように言われていたが、そんなんで体が壊れるなら、とっくに植木屋なんて世の中に存在してないだろう。

柔軟性の無くなった体で無理に見上げようとするから、頚椎に無理が掛かるのである。
なので、全体のバランスを正し、動きの無くなった部位の可動性をつける事により、壊れた部位に負担の来ないようにしてやれば良いのである。

まぁナンにせよ、こういう部分に目を向けてくれるお医者様が増えてくれれば、元気に戻れる患者さんが増えるので嬉しい限りである。







人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム