FC2ブログ

エエ街でっせ!

みなさん、こんばんは。

最近の某新聞の小欄で「子供の頃から、大阪は物騒な処で、アチコチで刃傷沙汰がある
と教えられ・・」なる話が載っていた。

この手の誤解は何処から生まれたのか解らないが、確かによく聞かれる。

他所の方に聞かれたら、面倒臭いので「あぁそうです、駅売店やコンビニで、使い捨て
防弾チョッキ売ってますわ。」と答える事にしている。

実際の処、私が生まれ育った堺は大阪の中心部では無いが、そんなに物騒な処では無い。

十数年前に、町内の駄菓子屋の店番のお兄ちゃんが、イカレタ奴に至近距離から
拳銃の鉛球を三発喰らわされた事があった位で、割合平和である。

大阪は楽しい街ですので、遊びに来て下さい。心配な方は、Myチョッキを
お忘れ無く。使い捨て防弾チョッキは売ってませんから。(笑)


追伸、そのお兄ちゃんは生きてます。凄い人です。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



処変われば・・

みなさん、こんにちは。

先日、月一の勉強会に千葉県まで行ってきました。

今回は、バスの運ちゃんの頑張りで予定よりかなり早く到着出来、いつもなら
朝飯抜きで出席するのだが、ゆっくり食べる時間がある。

駅前にある「座って喰える立ち喰い蕎麦屋」に入る。解り易く言うと「速いだけが
とりえ」の店である。

ほとんど寝てない頭で「たぬき」と「おにぎり」の食券を買い、「ハリセンボンの
太い方」みたいなオバちゃんに渡す。

ちなみに「たぬき」とは、関西では、甘辛く煮た薄揚げが乗った「きつねうどん」の
対語で「きつねうどんのそば版」なのだ。

出来上がった商品を持って席につき蕎麦をかき回すが、有るべき「薄揚げ」が無い。

口で説明するのもメンドクサイので、「ハリセンボンの太い方」の前で丼をかき回し
て「これって?」と聞くと、「太い方」が後ろにのけぞった格好で片手を腰にあてて
「たぬきは揚げ玉が入ってるの。揚げはきつねなの。」と「太い方」みたいなの態度と
口調で教えてくれた。

しまった、此処は関東だった。ボ~ッとしてて迂闊に注文してしまった。
関西では「揚げ玉」は「天カス」と呼んで、文字どおり「カス」なので「タダ」なのだ。

当然のように入っているか、ザルに入れて置いてあり自由に入れていいのだ。
悔しい、タダと思っていた物にお金を払ってしまった。

そう考えると、一昔前に流行った「一杯の掛け蕎麦」が更に切なく感じられる。
「天カス」すら入れる事も出来なかったのか。   可哀想に・・

だいたい「玉」という字は「王」に「点」が付いたもので、非常に美しい物や
高貴な方を表現する為の言葉で「カス」がどうして「玉」なのか理解に苦しむ。

「カス」を強引に「玉」と言い張り「商品」にしてしまう関東人のたくましさ。
関西が関東に勝てないのは、この辺の違いなのかもしれない。

関東の出汁は関西人にはかなり濃く飲みにくいのだが、「揚げ玉様」が浮いて居られる
ので、無理して全部呑み切る。なぜか勝ち誇った気分になる。

ん、という事は、「きつねうどん」に「天カス」を入れると「きつねたぬきうどん」に
なるのか?関東はややこしい処やな~。







人気ブログランキングへ

先生考

こんな仕事をしていると「先生」と呼ばれる事(破目?)になる。

正直いって、ガキの頃から適当に生きて来た。真面目に勉強すればそこそこの成績は
残せた自信はあるが、なんせ天邪鬼なので、教師のいう事に逆らったり、
嫌いな教科は寝て過ごしたのでろくな学歴は持ってない。

だいたい、教科書の内容に「ほんまかいな?」「見てきたんかいな?」
とツッコム生徒の成績がいい筈が無い。

そんな私が、お医者様をたらい回しにされた方々のお体を触らせて頂いてる。
私の存じ上げている同業の方々も同様で、何らかの変化(改善)を上げている。

しかし、我々のやっている行為は医療ではなく当たり前の事なのだ。

「米をしっかり食べて、旬の野菜や魚を食べて、肉や乳製品を控えてね」と伝えて、
体型を整えるだけなのだ。

なんにも「先生」では無いのだ。

私はまだ四十五歳なので、それ以上の年長者は皆さん先生だと思っている。

正直いって八十・九十歳まで生きれる保障は無いので、高齢の方に偉そうに
指導出来る立場では無い。逆に教えて欲しい位だ。

しかし、人間は頭が良すぎるのが長所であり欠点に感じる。上(高学歴)から
ものを言われると鵜呑みにし、深く考えて自分で判断し無くなりがちだ。

どんな職業でも、満足頂けなければお客は違う店に流れる。しかし、医療現場では
そうでも無いようだ。

疑う事無く「鎮痛剤」を飲んで腰痛や膝痛を誤魔化して納得しているが、なにか改善
しているのだろうか?すこし考えたら解る筈だ。

我々整体師は「先生」等と呼ばれる事を良しとは考えては居ないはずだ。先生と呼ばれて喜ぶのは
「田舎の代議士」位のもので、魚屋さん、電気屋さんの様に「体屋さん」で充分と考えている筈だろう。

そして、この「先生」という言葉は「なんとかして結果を残さねば・・」と
我々を追い詰める恐ろしいプレッシャーになる。

各種先生と呼ばれる職業の方々、ご苦労はお察ししますが、お互い頑張りましょね。






人気ブログランキングへ

職人孝

この仕事(整体業)をする前は、職人仕事と呼ばれる事をして生きて来た。

「職人さん」と呼ばれる事が嫌いだった。

別に、やっていた職業を卑下している訳では無いし、むしろ楽しんで誇りにもしていた。

「職人」という言葉は、私の中では「上手・名人」位、特別な意味を持っていて、
「師匠」と同意語なのだ。

「職人」とは、プロが認めるプロに対する称号だと思っている。

酒場などで「俺ら職人は・・」等と言っているガキがよく居るが、あんなのは
「素人」と思って間違い無い。仕事の難しさに気付いたらそんな言葉は出なくなる。

道路沿いに「職人の店」なんて看板があるが、とても恥ずかしくて行くのが躊躇われた
ものだった。

そして今、「先生」という言葉が辛い。ちっとも「先生」で無い人間なので
「おっチャン」位がちょうどイイ感じなのだが、お客さんも「おっさん」とは
呼び辛いので「先生」と呼んでくださる。

馬鹿な奴は勘違いして態度がデカクなるのだが、マトモな神経の持ち主はプレッシャー
を感じてしまう。なにかいい呼び名って無いもんですかね~




人気ブログランキングへ

すっかり大人。

若かったあの頃、大人に対する憧れから煙草を咥え、何度も吐きながら酒も覚えた。

二輪や四輪も乗りこなし、緊張で手の平を汗でニュルニュルにしながらの初H。
そうして少しずつ大人になってきた。

そして時は流れ、そんな夕焼けトンビ青年も、何時しかレギュラー缶のコーラを持て余し気味
になり、ある夜寝床に入ったとき、幼き日に悪戯に潜り込んだ父の布団と同じ匂いを嗅ぐのだった。

そして、遂にアル物を手にいれる日がやって来た。そう「老眼鏡」である。これこそが
本物の「大人グッズ」なのだ。

入れ歯は、事故等で歯を失って若くとも使用する場合があるが、老眼鏡はそうは行かない。

最近は「シニアグラス」などという持って廻った呼び方をする様だが、そういう現実逃避は
余り好きではない。ちゃんと「老眼鏡」と呼びたい。老眼鏡には味がある。格好いい大人の
哀愁が漂う。

人は四十才で初老と分類されるが、今四十五才なので、まだまだ右も左も解らぬ老人と
いったところなので安物を使用しているが、後五、六年したらカッチョいいのをオーダー
しよう。その日が楽しみである。




人気ブログランキングへ

ヤマト、発進!!

みなさん、こんにちは。

昨日の夕刊の裏表紙に、デカイ池上 季実子の顔が・・よく見ると、「SPACE BATTLESHIPヤマト」主演の木村拓哉だった。

前から、女性のような美しい顔だと思っていたが、中年の域に入り、ややふっくらして、更に女っぽくなった感じがする。あと数年もしたら、綺麗なおば様になるのだろう。

作品のヤマトだが、私が小学生の頃とても人気のあったTVアニメだが、今頃映画になるとは思わなかった。

流石に、四十面ぶら下げて観に行く気は無いが、艦長役の山崎努が、何処かのシーンで必ず血を吐く筈なので、それを確認したい気はする。機関長演じる西田敏行も泣きまくるんやろなぁ・・

豪華キャスト満載で、宇宙戦艦ヤマト本日出航!  難破しなきゃ良いけど・・




人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム