FC2ブログ

ソーラーパワーだ!

みなさん、こんばんは。

唐突ですが、人間は太陽のお陰で生きている。

「なにを、今更」とおっしゃるとは思いますが、解っているようでいないのが現実。

人間のエネルギー源は、太陽の光を植物の葉緑素が光合成で変換して作り出した糖質なのだ。

その糖質と、これまた光合成で作り出した酸素を科学変化(燃焼)させエネルギーを取り出している。

「いや、肉や魚かて食べてるで」とおっしゃるでしょうが、牛などは草食ですし、魚も本を辿れば植物性プランクトンから始まる食物連鎖の中に位置している。結局、動物性タンパクは植物が形を変えた物なのだ。

そして、我々動物は、消化吸収の為にその食性にあった消化管をもっている。しかし、それはある者の助け無しには機能を発揮出来ない。

そう、「腸内細菌」というやつである。

腸内細菌は、棲家と餌を提供して貰う換わりに、消化の手伝いや、自分達が作り出す(各種ビタミン類など)様々な有益な物で宿主(人間)の健康に貢献している。

いわゆる、持ちつ持たれつの関係なのだ。彼ら(腸内細菌)無くして健康は有り得ないのだ。

「だから私は、乳酸菌を摂ってます」とおっしゃる方も居られるでしょうが、その手の「有益菌」と呼ばれる奴等の餌は食物繊維なので、精製した米や、動物性タンパク質中心の食事では定着しようが無い。

しかも、現代人は金を払って乳酸菌を買う割りに、細菌には臆病で、すぐに「抗生物質(剤)」に頼ろうとする。

これは、風邪を引いて医者に掛かると、必ずといっていい程に処方された為に、なんの疑いも持たなくなってしまったからだ。

余談だが、風邪などの原因とされるのはウイルスで、細菌より更に小さい物質で細胞膜を持たない為、抗生剤では対応出来ない。

この抗生剤、風邪は勿論、少しの怪我やオデキでも、兎に角、よく処方されるのである。確かに飲めば安心かもしれないが、引き換えに腸内細菌は壊滅的打撃をうける。

腸内細菌どころか、新陳代謝の早い腸管の細胞新生も阻害されるので、栄養の吸収が阻害され体力が消耗してしまい、治りが遅くなると考えるほうが自然だ。

余り薬に頼らず、腹の虫(腸内細菌)の機嫌を取る食事も取り入れて、自然な健康体を目指して頂きたいものです。




人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



判らんか~?

みなさん、こんにちは。

先日、以前に訪れた紀美野町に有るパン屋「ベーカリーテラス ドーシェル」とカレー屋
「ガネーシュ」に行って来ました。(過去ログ 2010-05-28 参照下さい)

前回は、カレーを食べて、土産にパンを買って帰ったので、今回は、パン屋でランチにして
カレーを土産にする事にした。

ドーシェルに入ると満席との事なので、先にガネーシュに行って買い物をする事にした。

行ってみるとナゼか丼が置いてある。どうやら不味い展開になっているようだ。

ガネーシェは大阪心斎橋で30年営業していた店で、正直言って、こんな田舎で
お目にかかれる様な代物では無い。狐狸庵先生で無くとも違いが判る筈なのだが・・

とは言え、場所が悪い。公園内の売店で営業しているので舐められる。印籠を無くした
水戸黄門のようなものだ。少しお洒落な店を構えて、ガイドブックに取り上げて貰えば
繁盛するのは間違いない。

大体、こんな処で食事する人は鼻から美味い物が有ると思っていないので、ボンカレーに
真っ赤な福神漬で充分だ。田舎の飯屋は、味は二の次で、品数が豊富な方が喜ばれる傾向が
ある。

店を後にする背後で「きつねウドンして~」の声が・・  気の毒に・・ 嫌気が差して
辞めてしまう前に、食べたい方は急いで行って頂きたい。

ガネーシュのカレーをもってしてもこの苦戦。未熟者の私が苦労するのは当たり前か・・

気を取り直してドーシェルに向う。この店は、兵庫県宝塚から美しい景色を求めて此処に
やって来たらしい。

お客さんを見れば、カップルや女性グループなど食事を楽しみに来ている感じが伝わってくる。
流石に、此処でウドンを注文する馬鹿は居ないだろう。

山並みや海を見下ろしながら、ランチとデザートのセットを頂く事にする。眺望と良い水を
求めて山奥に店を移すようなオーナーの作る物なので、美味くない筈がない。

パンの美味さは勿論、珈琲に入れる砂糖までが、壷の中でキラキラ光っている。妥協が無い。
中でも絶品は、デザートのケーキの横に盛ってある、掬い豆腐のような「プリン?」だ。

口に入れると、首が後ろに反り「旨っ!!」と無意識に言ってしまった。よく芸能人が
旨い物を食べた時にするリアクションのまんまである。一万円払っても丼一杯食べたい
気分になる。山道を、鼓膜をパキパキいわせながら登って来させるだけの事はある。

ガネーシュも、何処かで店を構えて、本気の客を相手にして頂きたいものだ、折角の旨い
カレーが可哀そうだ・・




人気ブログランキングへ

東京ぶらぶら日記

みなさん、こんにちは。

先日、月一の勉強会で東京へ行ってきました。帰りのバスの発車時刻まで八時間近く有るので、東京の街を、金も、当ても無くサマヨッテきました。

帰りの地下鉄で「都営浅草線への乗り換えは・・ 」のアナウンスが流れる。聞き覚えのある地名なので行ってみる事にした。

東京の地下鉄は安いので助かる。大阪の地下鉄から比べるとタダ乗りの気分だ。気軽にヒョイヒョイ何処へでも行けてしまう。

浅草に着くとイキナリ見覚えのあるデカイ提灯が・・  でも、思ってたより小さい気がする。

101107_1615~01

裏から見るとこんな感じ。

101107_1617~01

そして表参道を進んで行く。

101107_1616~02

途中に、こんな門があり

101107_1624~01

最後は、こうなる。

101107_1626~01

余りの人の多さに、手を合わせる気が失せる。有り難味の欠片も感じられない。

兎に角、観光地だけに人が多い。いや、東京は、何処に行っても人が多い。実は私、人ごみが大っ嫌いなのだ。今、正直言って、非常に憂鬱だ。

大阪人の歩く速度は、世界最速らしい。その中でも、私はかなり速い方だ。私が歩いている姿を横から見たら、15度位、前に倒れているかもしれない。思うように歩けないとイライラする。

浅草寺の回りも賑やかで、綺麗な伝統品の店が並んでいたり、少し入ればコリアタウンらしく、ホルモンで安い酒が呑める店が連なっていたりで楽しい。(多分、普通の人には・・)

一杯やりたい所だが、ホルモンにビールをやると後で腹にくる。十時間もバスに閉じ込められるので、下痢でもしたら目も当てられない状況になるので、残念だが諦める。

ヒョイと見ると、ビルの隙間に「スカイタワー」らしき物を発見。

101107_1639~01

其方の方へと歩いて行くと大きな川に行く手を阻まれる。

101107_1645~01

どうやら「隅田川」らしいが、小学校で歌わされた「春の、うら~ら~の~」のイメージがあるので、なにか裏切られたような気分になる。と言っても、私の勝手な思い込みなのだが・・

あれが、「水上バス」の発着場のようだ。

101107_1647~01

川の向かいに、変な物が乗っかった建物が・・

101107_1707~01

どう見ても「うんこ」である。後で調べて解ったのだが、あれは「アサヒ スーパードライ ホール」という建物らしい。私が、せっせと呑んだお金が、あの「うんこ」になったかと思うと感慨深い物がある。   しかし、趣味が悪い・・

おぉ、そう言えば「赤坂プリンスホテル」が、クリスマス イルミネーションを始めたとニュースで言ってたっけ・・   行ってみよう。

101107_1748~01

どうも、今年で最後の様だ。バブルの象徴にたとえられ、クリスマスには部屋を取って二人で過ごすのがトレンドのように言われていたホテルだが、これも時代の波か。

バブル期に、いい思いをした人も多いと思うが、私個人としては、休みも満足に無く、朝から晩遅くまで働くばかりで余りいい思い出が無いので、こういうホテルを見ても何の感慨も起こらないのが寂しい限りだ。

時計を見るとまだ6時過ぎ、あと4時間もあるがいいかげん飽きたので八重洲のバス停に戻って飯でも喰おう。

かなり性格的に歪んでいるのか、基本的に、観光旅行を楽しむと言う様な趣味が無い人間なので、観光地をブラついていても退屈でしかたない。

バス停から道路を挟んだ反対側に、安い店がある。つまみとビールが280円均一で手に入る。入ると満席のようで、窓際のカウンターが一席だけ空いていた。

ついてない。前面ガラス張りで歩道に向って飯を喰わなければならない。通り過ぎる奴らが店内を見ていく。

「見んとって、俺かて飯ぐらい喰うがな。」と、腹の中で思いながらビールを呑む。まるで水槽の金魚のようだ。そういえば、家に置いて来た金魚も腹を空かしてるだろうに、早く帰ってあげなければ。

どうも落ち着かないのでとっとと店を出るが、行くアテが無いのでビルの谷間の花壇の隅に腰掛けてひたすら煙草をふかす。ケツが冷えて仕方が無い。

来月は、寒くて死んでしまうかもしれない・・





人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム