FC2ブログ

ネプチューン名倉、バッドチューニング

ネプチューンの名倉氏がうつ病になっちゃったようだ。

「芸能界の第一線で活躍し続けると心が疲れるよね」と一般の人は考えるのだろうが、それだけじゃないような気がする。
なんでも、1年程前に施した頸椎ヘルニアの侵襲が原因との報道もある。

でも、手術の侵襲なんて怪我と一緒で時間が経てば癒えるんで今一説得力が薄い。

ここからは私の勝手な想像なんだけど、多分、まだあちこち痛むんじゃないだろうか?
だいたい、頚椎ヘルニアがいきなり単独で発症するなんて事はまず無い。
頚椎のやられてる人は、大抵あちこちに不具合があるものだ。

痛みは案外と精神にダメージを与えるものである。痛みを感じるのは脳で、そこまでの伝達のルートは2種類あって、簡単に言ってしまうと場所の情報を伝えるルートと「じゃあ、どうする?」という情報を伝えるルートがある。


「じゃあ、どうする?」の情報の到達先は、逃げたり血圧を上げたりする場所など色々あるのだが、そのなかに不快感や不安感などの精神の不安定さを起こさせる場所もある。
四六時中、理不尽な痛みに晒されていると精神がやられてくるのは至極当たり前の事なのである。

という事は・・

続きを読む





人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



惜しい・・

また、長い間 更新をサボってしまった。
この所、非常にテンションが下がってしまって、頭が廻らず、文章を書く気が起こらないのですよ。スミマセン・・

その理由は、また今度 詳しく紹介するとして、今晩 放送された「たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学」は面白かったので、その話を。

今回の内容は、つまづきの原因は頚椎の異常なんだよという事だった。
ご覧になって無い方は上のオレンジの部分をクリックして頂きたい。

うん、かなり面白いというか、かなり分厚いチップという所だ。
頚椎障害を起こすと手の感覚が無くなるので、重症になると火傷してても気付かない事が起こる可能性はある。ソコまでの重症になると、障害部位から下位で様々な異常が起こるだろう。

でもね、基本的に、頚椎障害が起こる人は、まず先に、腰椎で異常が起こってる場合が圧倒的に多いのですよ。
歩行時につまずくのは、下部腰椎に異常が起こって、爪先が上がらなくなって けつまづくんですよね。
歩行というのは、連続した左右の下肢の協調運動で成り立っていて、脊髄反射(脳では無く、背骨の中で処理されている)で制御されている。
前に送り出された足の爪先は自動的に天を向くように仕組まれていて、多少の段差ならクリアするようになっている。
つまづく人は、下部腰椎の障害が起こっていて、つま先が上がらなくなっている。
そういう人は、歩くとスリッパが自然と脱げてしまうので、自分でもすぐに判る筈だ。

下部腰椎で異常が起きると、脊椎全体で動きのバランスが崩れる。
前傾姿勢で前加重になっている上に爪先が上がらなくなっているから、つまづくと必然的に転倒する破目になる。

動きの無くなる場所が出来ると、それを補う為に動き過ぎる場所が出来る。
起立時の前後バランスが狂う事によって、姿勢を保つ為に何処かにシワ寄せが起こる。
ソレよりナニより、前屈みになると、前を見る為に、嫌でも頚を深く反らなければならない。
だから頚椎の4番辺りにストレスが集中するのである。

番組中では、植木仕事での見上げ姿勢が悪いように言われていたが、そんなんで体が壊れるなら、とっくに植木屋なんて世の中に存在してないだろう。

柔軟性の無くなった体で無理に見上げようとするから、頚椎に無理が掛かるのである。
なので、全体のバランスを正し、動きの無くなった部位の可動性をつける事により、壊れた部位に負担の来ないようにしてやれば良いのである。

まぁナンにせよ、こういう部分に目を向けてくれるお医者様が増えてくれれば、元気に戻れる患者さんが増えるので嬉しい限りである。







人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム