FC2ブログ

こうなりゃ原始力発電だ!

原子力発電所が、北海道の泊原子力発電所3号機を除いて全て止まってしまった。

原発を止めたところで電力会社はチョッとも困らない。代わりに動かした火力発電に掛かった燃料代を消費者に請求すれば済む事だ。
たとえ電力供給不足に陥ったところで「あんた達が止めるって言ったんでしょ~」と開き直るに決まっている。

結局は、非常に悔しい思いをして、前よりも悪い状況に陥るのが目に見えている。ならば、条件付きで再稼働を認めてやったらどうだろう。
地熱や風力などの自然エネルギー発電の開発を急ぎ、原発を10年で半減、15年で全廃する事を約束させる。
全電力会社に支出させて、福島に火力発電所を建設させ、使う燃料は木材と石炭にするなんてのはいかがだろうか?

今、被災地には、幸か不幸か燃やせるモノが山のようにある。
震災瓦礫は無論、放射能に汚染された山々に生える膨大な樹木。もうこんな木には一円の値打ちもつかないから、
ガンガン燃やして片付けてしまえばいい。

働ける人は幾らでも居るのに仕事が無い。木材火力発電所を造れば、片付けや山の再生が出来て収入になり、発電も出来れば丸く収まる。

林道の整備に土建屋の仕事も出来るし、伐採・下草の刈り取り・植樹と人手がいる。
伐採した木材から燃料チップを作る工場もいるし、運搬のトラックの運転手も必要だ。

燃やした後の灰から放射性物質を除去して、低汚染の灰はコンクリートの材料にする。
ここで、石炭が効いてくる。ナニも石炭が燃やしたかった訳では無く、穴が欲しかっただけなのだ。放射性物質は厳重に密閉して地中深くにコンクリート詰にするしか無い。
同じ穴を掘るのなら石炭を採った方が良いだろう。埋め戻しに焼却灰をコンクリートに混ぜて使えば処分場に困らない。日本中どこも引き取り手が居ないんだから仕方ない。

石炭掘るのも除染するのも危険な作業なので、当然高給を保証してあげる。
福島に儲かる仕事があるなら、日本中から人が集まるだろうから、あっという間に片付くはずだ。

支払いは当然全電力会社に負担させる。今回は東電だったが、何処も事故を起こす可能性は同じなのだから、助け合うのは当然だろう。当然これに掛かる費用捻出の為の電気料金値上げは絶対に認めない。
商売で起こした事故なんだから、何年掛かろうと自分達で綺麗にするのは当然だろう。

事故処理に莫大な費用が掛かれば掛かるほど、嫌でも原発から安全なエネルギーにシフトしていかざるを得なくなるだろうしね。






人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム