FC2ブログ

クラクラする~

あぁ~ 暑い。体中の血管がユルユルになっているような気がする。
昔は、この時期になるとよく立ち眩み(起立性貧血)がしたものだった。

ぱっと立ち上がった時に脳の血流量が低下してクラッと来るのが
起立性貧血と呼ばれる状態だ。

好調な体は、起立時には自動的に心臓が2~3拍速く打ち、下肢の
太い血管が細くなって脳の血圧を確保するように仕組まれている。

10代の成長期に大抵の方が経験する起立性貧血は、骨の成長に
血管が追い付けず引っ張られた状態になり下肢の血管による血圧上昇が
充分では無い為に起こり、心臓移植を受けた人は、神経の連絡が無く
反射が起こらないので ゆっくり立ち上がらねばならなくなる。

起立性貧血の原因の中で暑さはあまり問題視されないが、熱の放散の為に
末梢血管が広がっている上に、塩分・水分の不足で活用出来る血液量が
不足して脳の血圧を確保しにくいのではないかと推測される。

上記の原因なら我々の出る幕ではないのだが、身体の不調で起こる
起立性貧血は意外と多い。

当たり前の話だが、頭は肩の上に載っかっている。肩や頚の筋肉の緊張で
血管の圧迫が起こり頭の血流量は低下する。主に頚や肩周辺のコリは
内臓異常の体壁反射によって引き起こされる。

内臓異常は支配神経を逆走し連絡する頚椎の変位を起こしながら支配下の
筋肉に緊張をもたらす。

その結果、上胸部を含む頸部で血流障害を起し脳の血流を低下させその機能を
撹乱する。脳神経である迷走神経の異常亢進は心臓の活動を弱める。

起立性貧血だけではなく、手の痺れ・目眩・頭痛・失神・痴呆なども似たような
事が原因の場合が多いので、頚椎の調整と頚や肩周りの筋肉の緊張を解放すれば
回復の可能性は大である。

あ~ 久しぶりに真面目なこと書いたら肩凝って 余計 クラクラしてき・・・      ドテッ!



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



ゲッ、まずい!!

おはようございます。

さっき歯を磨いていて、ふと思い出したんです。
「ゲッ、歯医者さんの予約すっぽかした!」まずい、
非常にまずい、前回仮詰めの硬化剤が少なくて固まらなくて
苦情を言ったばかりなのにタイミングが悪すぎる。
血の気が引く思いだ。

さて、血の気が引くといえば貧血を思い浮かべますね。
立ち上がった時にクラッとくる起立性貧血と、年がら年中
ふらつく慢性貧血ですね。

今回は慢性の話をしましょか。

私の近しい女性が貧血でお医者さんに通ってます。
いつも鉄剤を貰ってるんですが良くならない。
彼女曰く「気持ち悪なるし、うんこ真っ黒になるねん。」
そら鉄飲みゃそうなりますわなぁ。で、ちょっとも良くならない。

ここで私ハテナと思うんです。
赤血球ていうのは、酸素を運んで二酸化炭素を持って帰る
仕事をするのに、鉄の酸化還元力を使ってます。
だから鉄剤を飲ますのは良いんですけど、赤血球て
ヘモグロビンゆうてヘムとグロビンの結合体なんですよ。
ようするに鉄とタンパク質ですね。

と言う事は、タンパク質不足症とは考えられないか。

たんぱく質は、腸で吸収した材料を肝臓が合成して作られてます。
と言う事はおなかの調子を整えて肝機能を上げてやらんと良くならない
と思うんですよ。

まぁ良く肥えた人で「私、貧血ですねん。」て話聞きませんわ。

なんか私、変な事ゆうてますやろか・・・・てゆうより、はよ歯医者さんにいかな。



人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム