FC2ブログ

私、生きてます。

いやいや、なんと5年間もこのブログを放置してしまった。

お客さんや友人に「たまには更新しないと店が潰れたか死んだと思われるぞ。」と言われてはいたのだが、
一旦止めると再開するのは思い切りが必要なのですよ。

誰も何も期待などしていないと解っていても、何かいいことを書かなきゃと勝手にプレッシャーがかかってしまうのです。
でも、皆の言う事はもっともな話。

という事で、時々更新しますので、大して面白くない記事でも「まだ懲りんと営業しとんねんな。」と優しい目で見てやってください。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



ワイルドだろ~?

嘘か誠か、養蜂家は「長生きする」とか「癌にかかり難い」とか言われる。
蜂毒には免疫力強化の効果があるんじゃないのか?なんていわれている。

蜂の世話をする時にいつも完全装備で臨めば良いのだろうが、なんせ暑いので簡単な格好で触るから結構刺される。
昨日も台風対策に行って頭を刺されてしまった。

アメリカンコミックのスパイダーマンは、蜘蛛に咬まれて特殊能力が身に付いたという設定だが、その乗りでいくならとっくの昔に空を飛べる位刺されてしまっている。

オス蜂の生態に沿ってキャラ設定するとこんな感じだろうか?

黄色と黒の横縞模様で空を飛ぶ ハニービーマン、飛べる事以外コレといって彼に特技は無い。
一切働かず、ただ飯を喰い、たま~に軟派に出かけるだけの生活。
そんなんだから、秋が深まり食料が減ってくると家から叩き出され、飢えと寒さで玄関の前で野垂れ死ぬ ハニービーマン。
           なりたか無い・・

冒頭の話に戻るが、刺されるからなのか、蜂産品を多く摂取するからかは定かでは無いが、何度刺されても懲りないような性格も元気の源なんだろうな。




人気ブログランキングへ

話にならん・・

一瞬の出来事だった。指先から滑り落ちたクルマの鍵がグレーチングの目を潜り抜けて排水口に落ち込む。
内部は広くて明るく乾いていて回収し易いと瞬間的には思ったのだが、意に反して鍵は踊りを止めず、何度かのバウンドの果てに側壁最下部中央に位置するパイプの中に滑り込み完全に視界から消えた。
間違い無く地中深い雨水管に到達したようだ。
良く見るとパイプを中心に底にはかなりの傾斜が付けられてある。というか、完全に付け過ぎ・・ 
落とした俺が悪いんだけど、落ちない工夫、留める工夫ってのも大事じゃないのかね~。

また困った事に、ここは駅前。
荷物を降ろしてからパーキングへ移動する段取りだったのだが、動かす事が出来なくなってしまった。
ミドリのおじさん(駐車監視員)が出没する地域なので交番に事情を説明しにいく。
スペアーキーを取って戻るまでの2時間ばかりの目溢しを頼みにいったのだが、全く取り合ってくれない。

巡査「あそこは取り締まり区域ですからミドリのおじさんが来たら・・ 」
俺 「だから来たんです。警察がアノ人たちに委託してるんですから・・ 」
巡査「えぇ、まあ・・  」
俺 「ですから、一言連絡するか一声掛けて貰えたら・・ 」
巡査「私が移動したら引継ぎが出来ないから、それは・・・ 」
俺 (出来ないからちゃうやろ・・ やる気が無いだけやがな。メモ一枚書くだけでええのんとちゃうの?)
巡査「誰かに取りにいって貰うか持って来て貰えないの?」「クルマの傍に立ってないと取り締まられる
よ。 動かせない事情を説明しないと・・」
俺 (こいつアホか・・)「もう宜しいわ・・・  」

問題を解決する為に時間をくれと言ってるのに、クルマの傍に立っとけと言われてもなぁ・・
傍に居ても動かせなければ意味が無いんじゃないのかね?
検挙してナンボの商売だから、融通利かせて市民を喜ばせても得が無いから面倒臭いんだろうな。




人気ブログランキングへ

幼稚園児に混じって・・

ちょっと博物館に行ってきた。恐竜の化石標本がチョッとだけ見たかったからだ。
今まで恐竜なんてこれっぽっちも感心が無かったのだが、最近、面白い話を聞いて少しだけ興味が湧いたのだ。

なんでも、「恐竜は哺乳類だったかも・・」らしい。
今までの通説は、「恐竜は爬虫類」で、解り易くいうとトカゲのでかいのという認識だっのだが、その話では、血の通った(トカゲだって血は通ってるんだが・・)恒温動物で、オマケに毛まで生えていたそうだ。
古代人の残した絵には、馬みたいにた手綱をつけて恐竜を乗り回してる図まであるらしい。
こりゃ傑作だ。実に愉快じゃないか。何時も学校で教科書に「ホンマかいな?見てきたんか!」と突っ込みを入れていた人間としては、どうしても喰い付いてしまうのですよ。

なので、骨格標本を見比べれば、なにか面白い事に気が付くかもしれないと出かけた訳なんです。
まぁ、専門家が見ても謎だらけの物を素人が見て何か気付くなんて事は無いのは解ってるんですが、取り合えずいってみたのです。

120301_1149~02

で、行ってはみたのですが、こんな感じで暗くて良く見えない。これは迫力を増す為の演出か、それとも、掃除が簡単に出来る代物でない為、汚れが目立たない様にしてるのかは定かでは無いが、ほとんどナンだか解らない。

基本的に爬虫類には、横隔膜が無い。なので、カエル(両生類)やトカゲは顎の下や腹をペコペコさせて呼吸をする。そういう構造では、運動中の呼吸はかなり困難になるので、連続した運動を苦手とする。
四肢は体幹から横方向に開いた角度で伸びる為、体重を支えるのに不利な形状なので腹を地面につける形になる。

120301_1154~01
120301_1153~01

だから、スピルバーグの映画なんか観ると「へ~、そう走らせちゃうのね。」と思うのですよ。
一時流行ったエリマキトカゲは、見事ながに股だったのに・・

恐竜といわれる者達は、哺乳類と同じ股関節の形状をしていたと言われているらしいので矛盾はないようだが、大型の恐竜が絶滅して小型の恐竜だけが生き残り、わざわざ使い難い股関節に進化したと考えるにはどうも無理があるように思える。

120301_1141~01_0001

これなんかホントに理解に苦しむ代物で、どうやって肉付けして彩ったら良いのだろうか?
このデカイ顔に太い骨格、それに比べて小さすぎる胸郭。
こんなに重そうで、酸素の供給の悪そうな体でホントに飛べたのかと不思議になる。

120301_1157~01

コレはウミネコの標本なのだが、バランスの違いが良く解る。

中生代は、酸素が濃かったんじゃないか?と言われているようだが、確かにあの狭い胸郭を見ればそう考えたくもなる。空気の密度が高かったから、揚力も強くて飛行が安易だったとも言われてるが、それも定かでは無い。

まぁ別に、恐竜がナニ類に分類されようがドウでも良い話なのだが、子供の頃から気になっていた図鑑、特に子供向けの雑誌に載っている恐竜の想像図だけはナンとかした方が良いような気がする。全くもって良く解らない代物に皮膚の色までつけて固定観念を植え付けるのは如何なものか?

世の中のほとんどの事は不確実なものなのだが、無垢な子供によく解ってないものを、さも見てきたように教え込むのだけは止めといた方が良いような気がする。記憶させられると、大抵の人間は想像する事をしなくなる。事実だけを伝えて興味を持たせるだけで良いではないか。後は子供に任せて置けば、勝手に答えを見つけて来るだろう。とワーワーキャーキャー大騒ぎの幼稚園児に混じって、埃臭い謎の巨大生物の骨組みを見上げてオジさんはウンウン頷いたのでしたとさ。




人気ブログランキングへ

100年安泰

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は実に楽しい。毎度毎度、本当に笑わせてくれる。

え~と、今日はなんでも「隠れ偏平足」ですか。はじめ10分見たら、あとの展開が解って、オチ(医者の解説)まで見えてしまった。

あの番組は病名の紹介と症状の解説ばかりで、いつもその原因は「不明」か「加齢によるもの」でうやむやのうちに済まされる。

歳のせいって言うけど、歳がいっても元気な人はいくらでもいる。
ましてや、原因が解らないのに治療薬や治療法があるのが不思議で不思議で。
まぁそんなんで治ったらまぐれか奇跡だね。

この調子なら、あと100年はこの整体業界は安泰だな。



人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム