FC2ブログ

  ぢ

前回、身体の上部の話をしたので今回は下の方の話を少ししましょうか。
足裏の話は以前にしたので、少し上がってお尻の話です。

なんでも日本人の3人に1人は痔主らしい。確かにそうかも知れない。
今の日本人は、痔になり易い環境に陥っている。

そもそもナゼ人間は痔になり易いのかというと、肛門の位置が重要なポイントになる。
四足歩行動物の肛門は心臓より高い位置にあり血圧も低く血液の環流も安易なので
鬱血しづらい。腹圧もさほど掛からないので造りもユルユルだ。

排便の時など肛門が裏返しになるので周りが汚れることも無く拭く手間も要らない。
しかし、我々の肛門は位置的問題からかなりしっかり造られているのでそうはいかない。
人類は両手の自由と引き換えに、紙が無いとウンコが出来ないという不自由を背負う
ことになったのだ。

四足歩行時に血液の環流を促す為に四肢の静脈には今でも逆流防止弁が付いているのだが、
元々高い位置にあった肛門にはソレは付いていない。故に肛門は鬱血し易い。

しかし、コレらは なり易いというだけの話で、なるかドウかとは別問題。
本当の原因は「肝臓の固さ」なのだ。

肛門周辺の静脈は腸の静脈に合流して肝臓に流れ込む。腸から吸収された物質は
血液とリンパに溶けて運ばれるのだが、まずは肝臓やリンパ節で有害なモノを
除去しなければならない。

しかし、肝臓での血流に抵抗があるとその手前で鬱血が起こり痔が発生するのである。

医学生向けの中でも特に易しい解剖学の本にも載っている事なのだが、不思議な事に
どこの肛門科のホームページを覗いても一言も触れられていない。
どうやら触れてはいけない部分をいじってしまったかな?

飽食とストレスは肝臓を疲れさせる。脂肪分の多い食事と過重労働に苦しむ日本人の
痔主率の高さも頷ける話だ。

ここでいう肝臓の問題は、お医者さんのいう病気という程の話ではない。
疲れている、張っている、興奮しているなどのレベルの話なので過度に心配しないで
頂きたい。しかし、好ましい状況では無いので改善に務められたほうが良いでしょう。

肝臓を休めるには、充分な休息とお腹に優しい低脂肪の食事が基本となりますが、
実行するのはナカナカにして難しい。
しかし、肝臓は足し算ではなく引き算で治すのが正しい方法でしょうね。。
蓄積した疲労を睡眠で回復し、消化し易いモノをほどほどに摂取して肝臓の
仕事を減らしてあげるのが重要です。

身体均整師は勿論のこと、チャンとした整体師は内臓調整法を心得ています。
マッサージ・按摩・指圧などは資格がないと名乗れないので、肩書き欲しさに
いい加減な連中が整体の看板を挙げている場合も多いですが、まともな処を
探して利用してみるのも有効な手の一つですよ。







人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム