FC2ブログ

 また出ましたね・・

また御茶ノ水博士が「逆流性食道炎は~  」とCMで盛んに言っている。
お医者さんに行って病名を付けて貰えば病気に昇格だが、行かなきゃ只の症状だ。

過去ログ「 御茶ノ水博士、ホンマですか?」で紹介済みなのだが、もう一回 書いときます。

これ位の症状は、体型を整えていく過程で勝手に消えてしまう程度のモノなのだ。

鬱だナンだとお越しのお客さんを触っている過程で「ところで、アレどうです?」と
聞くと、大抵「そういや、アレは一回目で消えました。」てね。

タカが胃薬と思ってるでしょうが、こういう時に処方される「ガ○ター」の
商品名でお馴染みの「ファモチジン」の副作用なんか、シャレにならないので
此処には書けない程だ。

もちろん、手技療法にだって事故はあるから偉そうな事は言えないが、
薬害に比べりゃ可愛いもんです。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



御茶ノ水博士、ホンマですか?

みなさん、こんにちは。

近頃、小ネタ続きなので、医療の話をひとつ。

御茶ノ水博士が「逆流性食道炎」のコマーシャルをやってます。

解り易くゆうと、「胸焼けは病気だから、お医者さんで薬をもらってね」と
ゆうことです。

アトムの面倒を見てる人物のセリフとは思えない、お粗末な内容ですね。
天馬博士が草葉の陰で泣いてるぞ。

「逆流性食道炎」とは、胃の食道側から胃酸が漏れて食道を刺激して、痛みや
潰瘍を起こす状態です。

治療と言えば、胃酸を抑えるたり、粘膜を保護するクスリを処方するだけ。
まぁ、対処療法だけで、治療と言えるレベルでは有りませんね。

私も若い頃から、胃の様々な症状に悩まされ、同じようなクスリを処方されましたが、
その場しのぎにしかならず、症状は更に深刻になりました。

内臓は、自律神経でコントロールされてますので、そいつを整えない限り、正常な
働きは出来ません。

胃酸は、副交感神経が亢進すると増量し、交感神経が亢進すると減量しますし、噴門
(胃と食道を隔てるバルブ)は、交感神経がコントロールしてますので、神経伝達が
低下すると緩み勝ちになります。

内臓をコントロールする神経は、堆骨の後ろ側の孔から伸びてますので、歪みのある
体では安定した神経伝達は望めません。

胃の具合の悪い人は、独特の立ち姿をしています。皆さんがご覧になっても「なんか、
元気がない」背中を丸めた姿勢に見えると思います。

私は整体で、胃の不調とオサラバして、喰いたい物喰って、酒もガンガン飲んでますが、
クスリの必要性なんてコレッポッチも無いですわ。

さぁ~これから実家に帰って、思いっきり酒呑んだろか~。









人気ブログランキングへ

プロフィール

夕焼けトンビ

Author:夕焼けトンビ
新整体 至誠庵 主人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム